初めての葬儀で気を付けること

初めての葬儀で気を付けること

突然の祖母の死が病院で告げられると、初めてのことにどうしたらいいのかしばらく呆然としました。 しばらくすると、どこからともなく我が家に葬儀会社の担当者が来て、葬儀の段取りを説明し始めて驚きました。どうやら町で一つだけの葬儀会社なので、不幸があったら病院から連絡が行くことになっているようです。 まずは日柄を見ながら、今後のスケジュールの確認が行われ、お通夜と葬儀の日程が決まりました。 家族が亡くなるということは、精神的にとても大きなダメージでなかなか迅速に対応できないので、葬儀会社の段取りの良さが心強く、とてもありがたく感じました。 父は喪主の挨拶を考え、母は親戚に配る葬式用のお饅頭の手配をするべく、年長の親族に教えを乞いながら、慌ただしく準備をし始ました。 実の親の死に際しても気丈に振る舞い、しっかり喪主の勤めを果たした父は、親族から「よくやった」とようやく一人前の家長として認められたようでした。きっと天国に旅立った亡き祖母も立派な息子の姿を喜んでいることと思います。 葬儀の席では誰しも悲しみに暮れ、とても辛い状態ですが、ここは故人のためにもしっかり振舞うことが肝心です。 ご近所や普段は離れて暮らす親族が集うからこそ、分からない事は確認しながら、きちんと執り行うことが要求されます。


良い葬儀にするには故人の気持ちに寄り添う

人が死んだ時にあなたは何を考えますか? ただただ、寂しさと悲しさに明け暮れますか?

最後のお別れの時です、泣いて泣いてひたすら泣いた後にはお別れの時がまっています。

葬儀はどうしますか? その時になって、初めて考える人も多いのでは無いでしょうか? 出会いがあって別れがあります。 最後の別れが葬儀になりますね。 最後のお別れの時くらい、安らかな顔で送ってあげたいものです。

でも、ちょっと待ってください。 良いお別れをするためには、良い葬儀をした方が良いですね。 その為には葬儀社選びや、葬儀場選びがまず必要ですね。 どのような葬儀をすれば故人が喜ぶでしょうか? それを考えるのはあなたです。 また、どうしても費用がかかります。 どれくらいの費用がかかるかも気になりますね。 故人が喜ぶような、みんなが安らかな気持ちで送れるような、充実した葬儀にしたいですよね。

お金をかけるだけが、良い葬儀とは限らないと私は思います。 故人の気持ちに寄り添い、別れを惜しむのが家族にとっても故人にとっても良い式だと思うからです。

Calendar