義父の葬儀で喪主の嫁になりました

義父の葬儀で喪主の嫁になりました

義父が亡くなり主人が喪主となりました。 私自身自分の祖母の葬儀には参列しましたが、いろんな手配をするのは今回が初めてでした。 まず、義父の臨終を病院で確認したのち、まずしなければいけなかったのが葬儀場の手配です。 家族が集まりやすいということで義父の自宅近くの葬儀場に決めました。 電話をしてからは、葬儀会社の方が細かく手配に関することを説明してくれました。 希望は家族葬だったので、家族葬向けの葬儀場を用意してもらいました。 宗派も特になかったので、葬儀会社にお任せでお坊さんも手配してもらいました。 そして、葬儀の際の食事ですが葬儀会社からパンフレットを渡されそれを見て注文をしました。 お葬式で初七日まですべて済ませてもらいましたが、手際の良い葬儀会社でよかったです。 私の住んでいる地域では葬儀会社を選択する余地がありません。 1つしかないんです。 比較することはできませんが、遺族が悲しんでいるということをきちんと理解して対応してくれる葬儀会社を選ぶといいと思います。 事務的な対応をされるところはやめた方が良いと思います。 正直家族が亡くなってすぐに気持ちを切り替えて葬儀の手配なんてできません。 一から十までこちらの意向を汲み取って動いてくれるところがおすすめです。


葬儀に参列する際のマナーについて

ある程度の年齢になると、葬儀に参列をする可能性も高くなってきます。そして葬儀に参列する際のマナーもこの年齢なら知っていて当たり前のような風潮が強まりますが、やはり葬儀は頻繁にあるものでもありませんし、ほとんどの方がマナーを知りません。なので急遽葬儀に参列する事になってしまった際には、注意をする必要があると言えるでしょう。 そういった状況になってしまった際には、インターネットで葬儀のマナーについて調べて見ましょう。そういったサイトでしたら難しくなくとても簡単にわかりやすく、そしてポイントを抑えてマナーを解説してくれています。移動時間などを利用して一おとり目を通すだけでもかなり変わってくる事かと思います。 失礼のないように、そして大人として恥をかいてしまわないように、葬儀に参列する事になった際には是非これらを実践してみてください。そうすれば葬儀で失敗してしまう事もないでしょう。参考になれば幸いです。

Calendar