子供連れの葬儀は大変でした

子供連れの葬儀は大変でした

去年祖母の葬儀がありました。私には小さな子供がいるのですごく大変でした。誰かに預けて行けばよかったと思っています。 お坊さんの読経の時など子供が騒ぐので、静かにさせるのに労力がいりました。子供にとって葬儀は退屈な時間に違いありません。まだ人の死と言うものを理解していないのですし。それはわかっているのですが、ついつい大声で叱ってしまいそうになりました。参列している方々に迷惑をかけないかとヒヤヒヤしましたね。 また、葬儀の時はいつものように時間通り食事をさせることも出来ませんし、葬儀用の食事は子供はすごく嫌だったようで、我慢させるのが大変でしたね。まさか葬儀の最中にファストフードを買いに行くわけにもいきませんし。 もう少し大きくなったら、葬儀の意味もわかって連れて行きやすいでしょうが、幼児を連れての葬儀の参列は当分いいかなって思いました。祖母をゆっくり送ってあげることが出来なかったのがすごく残念ですね。


葬儀について生前から考えることで、より良いお別れができます

昔は葬儀を生前に相談するのは縁起的に良くないと考える人が多かったのですが、近年はむしろ葬儀について生前から考える人が増えてきています。 インターネットで数多くの葬儀会社を簡単に比べることができることになったので、葬儀会社選びが身近なものになったのです。 葬儀会社を一括見積もりできる所もあり、利便性が向上しています。 事前に葬儀社を見比べておくことで、大まかな葬儀プランを考えることができます。 ある程度考えがまとまっていると、いざという時が訪れた時でも、葬儀の心配がなくなるので安心です。 悲しみのさなかに、葬儀にかかる費用、プランなどで頭を悩ませることがなくなるのです。 葬儀社を選ぶ時は、いくつかの基準を決めておくと良いです。 葬儀費用がはっきりとしていて、見積を出してくれるのはもちろん、遺族の希望を聞いて、それに合った提案を持ちかけてくれる所が好ましいです。 葬儀はサービスが一番大事といっても過言ではないので、費用だけを見るのではなく、「この葬儀社に任せたい」と思える所にお願いできるのがベストです。

Calendar