子供を葬儀に連れて行く時に注意しなければならないこと

子供を葬儀に連れて行く時に注意しなければならないこと

子供を葬儀に連れて行く時には、注意しなければならないことがたくさんあります。 まず子供というのは、あまり葬儀のことを知らないので、葬儀について教える必要があります。 葬儀がどういったものか教えたり、どういった意味で開かれるものなのかを教え、子供に葬儀の事を十分にわからせる必要があります。 それをした上で、今度は葬儀でやってはダメなことをいくつか子供におしえます。 基本的には葬儀というのは、静かなものなので、しゃべったり大声で話したりしないことを注意した方がいいと思います。 理解できる子供ならいいのですが、まだ赤ちゃんの子供などは理解できない可能性もあります。 葬儀中に泣きだしてしまったような時には、親が一度子供を外に連れて行き、周りの人の迷惑にならないような配慮が必要です。 一度外に出て、赤ちゃんを泣き止ませてから会場に入ることで、迷惑を被る人などが減ってくるので、葬儀に子供を連れて行く時はこのようなことをした方がいいです。


遺族に悲しみを感じさせないくらいのスピード感

私の母親は病死ではありましたが、急死に近い形でなくなってしまいました。まだ年齢的にもそんなに長生きではありませんでしたし、遺族もまさかなくなっていまうとは思いもしませんでしたから、覚悟もありませんでした。 しかし、亡くなってしまえば葬儀をしなければなりまん。振り返ってみても葬儀を終えるまではその行事が次から次へと悲しみを感じる暇もないくらいでした。 葬儀をするにあたっては葬儀社に依頼をしてからは遺族はほとんど葬儀社のシステムに乗っていると言えます。お通夜から告別式に至るまでそれこそ休み暇を与えないくらいのスピード感で行事が進んでいきます。 そして、葬儀を終えた後は何か大きなことが終わったという感じを非常に抱かせることになるのです。それからやはりおおきな喪失感がやってきたのでした。 自分たちが遺族になる前には葬儀は遺族に悲しむ暇を与えないようにできているということを聞いていましたが、まさしくその通りであると初めて実感できたのです。

Calendar